群馬東部水道企業団

  • 文字サイズ
  • 大きい
  • 標準

お知らせ

「災害時における水道施設の応急復旧の協力に関する協定書」の調印式を行いました。

 平成28年12月21日(水)、群馬東部水道企業団(以下、「企業団」)と企業団構成市町内の9つの水道組合(太田市管工事協同組合・館林管工設備協同組合・みどり市管工事協同組合・みどり市水道組合・板倉町指定水道工事店組合・明和町水道組合・千代田町水道組合・大泉町水道指定工事店協同組合・邑楽町管工事組合)との間における、「災害時における水道施設の応急復旧の協力に関する協定書」の調印式を行いました。

 本協定書は、地震・風水害その他の大規模災害が発生し、企業団給水区域内の水道施設等が被災した際、または、他市町村で発生した災害で企業団が応援要請を受けた際において、被災住民に飲料水を提供するために、9つの水道組合と協力し、迅速に水道施設等の機能を回復させることを目的としています。

 今後も企業団と9つの水道組合で協力し、住民の皆様に「持続可能な水道による安定した水の供給」を堅持できる水道事業を目指します。

「災害時における水道施設の応急復旧の協力に関する協定書」の調印式