群馬東部水道企業団

  • 文字サイズ
  • 大きい
  • 標準

企業団情報

群馬東部水道広域化基本構想

 人口減少などに伴う料金収入の減少や老朽化した施設の更新など、水道事業を取り巻くさまざまな課題を解決するため、国では水資源を有効利用して施設を合理的に利用する水道事業の広域化を推進しています。

 これを受け、群馬県東部の3市5町(太田市・館林市・みどり市・板倉町・明和町・千代田町・大泉町・邑楽町)は、平成24年7月に群馬東部水道広域研究会を立ち上げ、平成25年7月には「群馬東部水道広域化基本構想」を策定しました。

PDF形式のファイルを利用するにはADOBE READERが必要です。

ADOBE READER