群馬東部水道企業団

  • 文字サイズ
  • 大きい
  • 標準

企業団情報

邑楽町地区施設詳細

邑楽中野浄水場

中野浄水場

・所 在 地:邑楽町中野1071

・貯水能力:722m3(高架水槽)

 邑楽中野浄水場は、昭和59年6月に給水開始をしています。

 3つの深井戸(邑楽1号井、7号井、8号井)を水源としており、取水された原水は浄水場にて薬品を注入して滅菌処理を行い、ろ過処理したあと、高さ45mの高架水槽にポンプアップして、高島地区、中野地区の一部に自然流下で給水しています。

<<前に戻る

邑楽第三浄水場

第三浄水場

 所 在 地:邑楽町篠塚4345

 貯水能力:1,660m3(1系配水池)

      4,045m3(2系配水池)

 邑楽第三浄水場は、昭和49年7月に給水開始をしています。

 3つの深井戸(邑楽4号井、5号井、6号井)を水源としており、取水された原水は浄水場にて薬品を注入して滅菌処理を行い、ろ過処理した水を1系配水池に貯えています。

また、群馬県東部地域水道用水供給事業から受水した水(利根川表流水を水源とし、滅菌処理した水道水)を、2系配水池に貯えています。

邑楽第三浄水場では、この2つの配水池の水を合わせて、配水ポンプを使って、長柄地区、中野地区へ給水しています。

<<前に戻る